民進党、5人前後が離党検討

若狭、細野氏らと新党視野

©一般社団法人共同通信社

 民進党の衆院議員5人前後が離党を検討していることが分かった。小池百合子東京都知事の側近である若狭勝衆院議員や、既に離党した細野豪志元環境相らとの国政新党設立を視野に入れている。早ければ来週半ばにも離党の是非について判断する方向だ。複数の民進党関係者が8日、明らかにした。

 5人前後がそろって離党すれば、1日に就任したばかりの前原誠司代表にとって大きな痛手となる。執行部も集団離党の動きを把握しており、党最大の支持団体・連合を通じ、離党を踏みとどまるよう説得に努めている。

 党関係者によると、離党を検討しているのは、いずれも当選5回以下の中堅、若手だという。

あなたにおすすめ