クリエイティブ・ダイワが最優秀賞 福島県屋外広告美術展

画像

 福島県屋外広告美術協同組合は8日、郡山市のJR郡山駅前西口広場で第45回県屋外広告美術展の審査会を開き、クリエイティブ・ダイワ(郡山支部)が最優秀賞を受賞した。優秀賞の福島民友新聞社長賞にはアルス・プログレス(同)が選ばれた。同組合の主催、福島民友新聞社などの後援。

 広告物の制作技術の向上などを目的に毎年実施している。「ふくしまから はじめよう。」をテーマに、県内各支部から本県の農産物や観光地、復興などを題材にした看板69点が集まった。

 審査員は、同市のアトリエ絵夢(えむ)工房代表の橋本広喜さんらが務め、アピール度や耐久性、景観との相性などを評価した。上位5点は10月14、15の両日に、秋田市で開かれる第40回東北6県公共キャンペーン作品展に出品される。作品は10日午後3時まで、同広場に展示されている。

あなたにおすすめ