和牛五輪、4区トップは大分代表

1~9区のうち、審査結果

「第11回全国和牛能力共進会」の4区でトップを獲得した大分県代表の牛と出品者ら=9日午後、仙台市

 仙台市で開催中の和牛の品評会「第11回全国和牛能力共進会」は9日、性別や月齢で分類した1~9区のうち、生後14カ月以上の雌を対象とした4区の審査結果が公表され、大分県代表の牛がトップを獲得。残り八つの区分は10日、和牛日本一の最高賞は最終日の11日にそれぞれ発表される。

 4区は4頭1セットで、体形のばらつきが少ないと高評価を得る。出品者の清水康博さん(67)=大分県竹田市=は「自信がなかったが認められ、最高の一言に尽きる」と喜びを語った。

 5年に1度開催の共進会は「和牛のオリンピック」と呼ばれ、今回は39道府県の予選を勝ち抜いた過去最多の513頭が出品。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。