米、サイバー攻撃も検討

対北朝鮮、外交に重点

 【ワシントン共同】米NBCテレビ電子版は8日、6回目の核実験を強行した北朝鮮への対応として、トランプ米政権がサイバー攻撃や中国の銀行への制裁を含む軍事・外交上の選択肢を準備中だと報じた。中国のほか、日韓など同盟国と連携した外交アプローチに重点が置かれているという。ホワイトハウスと国防総省の複数の関係者の話としている。

 報道によると、核実験の数時間後の米東部時間3日、昼食を取りながら安全保障チームがトランプ大統領に広範な選択肢を説明。軍事面では北朝鮮への先制攻撃やサイバー攻撃などが含まれるが、軍事攻撃には「深刻な影響」が伴うとチームは強調したという。

あなたにおすすめ