全米、女子はスティーブンス初V

米国勢対決制し

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
女子シングルスで優勝したスローン・スティーブンス=9日、ニューヨーク(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン第13日は9日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、米国勢対決の女子シングルス決勝は世界ランキング83位のスローン・スティーブンスが第15シードのマディソン・キーズを6―3、6―0で破って四大大会初制覇を果たし、優勝賞金370万ドル(約4億円)を獲得した。

 24歳のスティーブンスは安定したストロークで流れをつかみ、第1セットの第8ゲームから8ゲームを連取した。22歳のキーズはミスが目立った。

 混合ダブルスはマルチナ・ヒンギス(スイス)ジェイミー・マリー(英国)組が初優勝した。

あなたにおすすめ

Curated by

papers