福島で物産展「サムライフード祭」

画像

 相双地方の特産品などを紹介する物産展「サムライフード祭」は9、10の両日、福島市のコラッセふくしまで開かれている。

 県、相双地方復興ツーリズム推進委員会の主催。初日はサッカーワールドカップアジア最終予選の日本代表にシェフとして帯同した西芳照さんが「マミーすいとん」を振る舞った。

 相馬双葉漁協はコウナゴやシラスなどの海産物、新地町観光協会はリンゴジュースなどを販売。小高産業技術高の生徒が考案したカボチャの菓子なども並んでいる。

 10日は午前9時半から午後4時半まで。午前10時からマミーすいとんを200人に配る予定で、西さんは「Jヴィレッジで親しまれた味を楽しんでほしい」と話している。

 午前11時からホッキ飯定食を100食限定で販売する。

あなたにおすすめ