「米英仏がサウジに武器輸出」

イエメンで使用とNGO

©一般社団法人共同通信社

 【ジュネーブ共同】国際非政府組織(NGO)の連合体「コントロール・アームズ」は11日、イエメン内戦に介入するサウジアラビアに、米国、英国、フランスの3カ国が武器を輸出していると発表した。イエメンでは2015年の内戦開始以降、これらの武器で多数の一般市民が犠牲になっている証拠があるとしている。

 英仏は、通常兵器が紛争などに使われないよう規制する「武器貿易条約」の加盟国。コントロール・アームズは「条約制定の原点に立ち返り、サウジへの武器輸出を即時停止すべきだ」と訴えた。同条約には米国も署名している。

あなたにおすすめ