トピック北朝鮮ミサイル

首相「北朝鮮抑止へ行動」

ミサイル防衛強化踏まえ

画像
防衛省で栄誉礼を受ける安倍首相(左)と小野寺防衛相=11日午前

 安倍晋三首相は11日、防衛省での自衛隊高級幹部会同で訓示し、北朝鮮による核実験や相次ぐ弾道ミサイル発射に関し「北朝鮮が挑発行為を繰り返す中、その脅威を抑止しなければならない。米国と共に防衛態勢と能力の向上を図るべく、具体的な行動を取る」と述べた。自衛隊の弾道ミサイル防衛(BMD)と、米軍の空母や戦略爆撃機との共同訓練を強化する方針を踏まえた発言だ。

 来年末予定の防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」見直しや次期中期防衛力整備計画策定について「将来あるべき防衛力の姿に思いを致し、これからの時代にも妥当性があるのかどうか、不断の検討が必要だ」と強調した。

あなたにおすすめ