桂離宮の入場有料化検討、宮内庁

時期や額未定

画像
京都・桂離宮

 宮内庁の西村泰彦次長は11日の記者会見で、自民党の行政改革推進本部が7月に政府に求めた、京都御所などの「皇室用財産」の入場料の徴収について、現在無料で参観できる桂離宮(京都市)の有料化を検討すると明らかにした。

 西村次長は有料化の理由を「桂離宮は(公開されている皇室用財産の中で)来場者数が多く、人々の関心も高い。施設の修復や維持に費用がかかるため財源確保を検討する必要がある」と説明した。徴収開始の時期や額は未定で、入場料の使途についても、今後検討する。

 桂離宮は江戸時代、皇族の別邸として建設された。回遊式の庭園は日本庭園の傑作とされる。

あなたにおすすめ