ロシア環境相が択捉島訪問

共同経済活動実現へ視察

 【ウラジオストク共同】ロシアのドンスコイ天然資源環境相が8日に北方領土の択捉島を訪問していたことが11日、複数のロシア政府当局者への取材で分かった。極東ウラジオストクでの7日の首脳会談で安倍晋三首相とプーチン大統領が確認した北方領土での共同経済活動の早期実現に向けた視察だという。首脳会談での合意を受け、ロシア政府が同活動の準備を本格化させたことが裏付けられた。

 日本政府筋によると、政府は過去のロシア閣僚訪問時にその都度反発してきたが、同筋は「共同経済活動の地ならしが目的であれば、(実効支配を強化する狙いがあった)過去の例とは性質が違う」と話している。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。