「ミス・アメリカ」決定

パリ協定で大統領批判

「ミス・アメリカ」の栄冠に輝いた「ミス・ノースダコタ」のカーラ・マンドさん=10日、ニュージャージー州アトランティックシティー(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米国を代表する美女コンテストの「ミス・アメリカ」の選考会が10日夜、ニュージャージー州アトランティックシティーで開かれ、51人の中から「ミス・ノースダコタ」のカーラ・マンドさん(23)が栄冠に輝いた。

 AP通信によると、マンドさんはステージ上の質疑で、トランプ大統領が地球温暖化防止の枠組み「パリ協定」からの離脱を表明したことについて「悪い決定だ」と批判した。

 ノースダコタ州初の女性知事を目指しているマンドさんは「ミス・アメリカも自分の意見を持つべきだ」と述べ、大統領からの反撃を恐れてはいないと強調した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。