北朝鮮に石油規制決議

中ロも賛成、制裁強化

11日、北朝鮮に対する新たな制裁決議を採択した国連安全保障理事会=ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は11日、6回目の核実験を強行した北朝鮮への新たな制裁を協議する公開会合を開き、石油精製品の供給や原油輸出に上限を設けることを柱とする米国主導の制裁強化決議案を全会一致で採択した。制裁に慎重な中国とロシアも賛成した。日米が目指した石油の全面禁輸からは後退したが、安保理決議として石油の規制に初めて踏み込んだ。原案にあった金正恩朝鮮労働党委員長の制裁対象指定は見送られた。

 3日の核実験から1週間余りでの異例の迅速採択となり、国際社会が一致して北朝鮮への圧力を強化する姿勢を示した。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。