トピック北朝鮮ミサイル

中国、対話解決の必要性求める

米の武力行使けん制

©一般社団法人共同通信社

 【北京共同】中国外務省の耿爽副報道局長は12日、国連安全保障理事会が採択した北朝鮮制裁決議について談話を発表し「決議は外交と政治的な方法による平和的解決も呼び掛けている」と指摘し、対話解決の必要性を強調した。

 耿氏は「軍事解決に出口はない。中国は朝鮮半島で戦争や混乱を生むことを決して許さない」と強調し、武力行使も選択肢とする米国をけん制した。さらに米国と韓国は「情勢をさらに複雑化する行動を避けるべきだ」と主張し、米韓軍事演習を行わないよう求めた。

 北朝鮮に対しても「安保理決議を順守し、核・ミサイル開発をやめるべきだ」と開発の即時停止を要求した。

あなたにおすすめ