junhashimotoのセカンドライン2ブランド ライセンス権移転

徳島県出身の橋本 淳さんがデザイナー

徳島県出身のデザイナー橋本 淳さんが手がける「junhashimoto」(ジュンハシモト)のセカンドライン「JH junhashimoto」(ジェイエイチジュンハシモト)と、「AZ by junhashimoto」(エーゼイ バイ ジュンハシモト)のアパレルおよび服飾雑貨分野のマスターライセンス権を、㈱志風音が㈱COMITASから取得した。

画像

「junhashimoto」は、徳島県出身の橋本 淳(jun hashimoto)さんがデザイナー。1992年に地元徳島のセレクトショップにてアメリカ古着からヨーロッパのインポート物までを仕入、販売をスタートし、1996年にレクレルール日本一号店にてバイヤーを務める。2000年にバイイングを通じ親交のあったブーツブランド「カルペディエム」(C DIEM)のデザイナー マウリッツィオ・アルティエリに共感し、イタリアに渡る事を決意し単身イタリアに渡る。カルペディエムを運営する会社にて初の外国人スタッフとし、営業・企画に携わりながら、服作りを学ぶ。2003年にCARPE DIEM(C DIEM)の代理店を設立するため帰国し、その後ショールーム「wjk」を設立。同年秋冬シーズンから「wjk」(ダブルジェイケイ)の名前でオリジナルブランドを展開。2005年にwjk直営店を表参道を始め、名古屋/大阪にも出店し、全国に小型FCを展開。2008年に自身のブランド「junhashimoto(ジュンハシモト)」をスタートし現在も30代に人気のドメスティクブランドとして展開している。

あなたにおすすめ