自民、10月にも9条改正案

自衛隊明記へ反対意見も

自民党憲法改正推進本部の全体会合であいさつする保岡興治本部長=12日午後、東京・永田町の党本部

 自民党は12日、憲法改正推進本部の全体会合を約1カ月ぶりに党本部で開き、安倍晋三首相(党総裁)が提案した、憲法9条への自衛隊明記を巡って再び議論した。賛否は交錯し、保岡興治本部長は9条改正に関する3巡目の会合で、首相提案を踏まえた条文案のたたき台を示す考えを表明した。10月22日投開票の衆院3補欠選挙以降になるとみられる。今月下旬に召集予定の臨時国会で党改憲案を提示することも視野に、党内調整を本格化させる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。