東芝半導体、13日の決定見送り

WDへの売却難航

©一般社団法人共同通信社

東芝本社が入るビル=東京都港区

 東芝は12日、半導体子会社「東芝メモリ」(東京)に関し、13日の取締役会での売却先決定を見送る方針を固めた。本命視される米ウエスタン・デジタル(WD)が影響力を持つ「日米連合」との協議が依然難航しているため。米ファンドのベインキャピタルや韓国半導体大手SKハイニックスからなる「日米韓連合」との協議も注力する。

 綱川智社長が12日午後に主要取引銀行に意向を伝え、1週間の猶予を求めた。WDが急転直下、条件闘争で譲歩する可能性もあり、最終決着へ曲折が予想される。

あなたにおすすめ