米大統領、国連安保理決議不満か

北朝鮮制裁「小さなステップ」

12日、米ホワイトハウスでマレーシアのナジブ首相と会談するトランプ米大統領(UPI=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は12日、国連安全保障理事会が採択した北朝鮮への制裁強化決議について「小さなステップだ。大きな取引ではない。効果があるかどうか分からない」と述べた。トランプ政権は北朝鮮への石油の全面禁輸を目指したが、供給制限にとどまったため、不満を感じている可能性がある。

 制裁決議が全会一致で採択されたことは「素晴らしい」と評価した。

 一連の対北朝鮮制裁についてトランプ氏は「最終的に起きなければならないことと比べたら何でもないことだ」とも語り、北朝鮮の核放棄が最終目標だとの考えを強調した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。