前田敦子:“天然”妻役で柄本佑と初共演 “ダイナマイト心中”母に尾野真千子

画像
映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」に出演する(左上から時計回り)柄本佑さん、前田敦子さん、尾野真千子さん、三浦透子さん

 女優の前田敦子さんが、俳優の柄本佑さん主演で2018年3月に公開される映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」(冨永昌敬監督)で主人公の天然な妻役で出演することが13日、明らかになった。柄本さんとは今回が初共演で、前田さん演じる牧子は「浮気をされても嫌みを言うだけ」の包容力があって自立しているすてきな女性といい、劇中では物語が展開する時代に合わせて1970~80年代のファッションを披露する。

 「素敵なダイナマイトスキャンダル」は、“伝説のカルチャー・エロ雑誌”の編集長・末井昭さんの自伝的エッセーが原作。母親が隣家の若い男とダイナマイトで爆発して心中するという“うそのような実話”を持つ末井さんの生い立ちをベースにした青春物語が展開する。映画には、牧子を含めて主人公の人生を翻弄(ほんろう)する3人の女性が登場するといい、尾野真千子さんが、主人公の人生に最も大きな影響を与えた薄幸な“ダイナマイト心中”母・富子役、三浦透子さんが主人公を道ならぬ恋に誘う愛人・笛子役で出演する。

 前田さんは「初めて共演させていただく柄本佑さんは、もともと俳優の先輩としてもすごく尊敬していました。佑さんのひょうひょうとした中にある可愛らしい感じが、この末井昭役にぴったりだと思いました」とコメント。尾野さんは「実話とは思えない母を演じさせていただきました。そんな実話とは思えない台本を読んで、出来上がりが想像できず、不安もありました。でも、出来上がりを見たとき、こんな伝え方があったのかと自信を持ちました」と話している。

 三浦さんは「撮影が始まってからも常に新しいアイデアにあふれ、くるくる変わっていく現場がただただ楽しかったです」と振り返り、「笛子さんの人生を思うと胸が苦しくなるけれど、実際に書かれた当時の編集後記の中にいた彼女は、愛嬌(あいきょう)たっぷりで追いかけると逃げてしまいそうな不思議な魅力を持った女性でした。皆さんにもそれが伝わればうれしいです」と語っている。

あなたにおすすめ