日ハム大谷投手、今オフ米挑戦へ

球団はポスティング容認

試合前の練習で笑顔を見せる日本ハムの大谷翔平選手=13日、札幌ドーム

 プロ野球日本ハムの大谷翔平選手(23)が今季終了後にポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦する意思を固めていることが13日、関係者の話で分かった、日本ハムの球団幹部は「昨季から状況は変わっていない。まだ本人とは話していない」とした上で、大谷投手からポスティング制度を利用したいとの申し入れがあれば容認する考えを明らかにした。

 大谷投手は今季が5年目で、1軍での登録が9シーズン必要な海外フリーエージェント(FA)権の資格は満たしておらず、移籍するためには所属球団の了承を得てポスティング制度を利用する必要がある。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。