視聴率2ケタ台に返り咲きも、カンナの大言壮語ぶりにウンザリ!『カンナさーん!』第9話

画像
TBS系『カンナさーん!』番組公式サイトより

 お笑いタレントの渡辺直美が超ポジティブなシングルマザー役で主演を務めるドラマ『カンナさーん!』の第9話が12日に放送され、平均視聴率10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から2.2ポイントアップで2ケタ台に返り咲きました。

 さて、まずはこれまでのあらすじを少し。前回、ファッションデザイナーとして働くブランドの撤廃が決まり、出張の多い生産管理部への異動か退職かを人事部から迫られてしまった河東カンナ(渡辺直美)。その一方、プライベートでは元夫・鈴木礼(要潤)と息子・麗音(川原瑛都)が、礼の幼なじみ・緒川俊子(泉里香)と急速に仲良くなっていく姿を見て、「あたし、(仕事でも家庭でも)全部リストラだ」と珍しく落ち込む姿を見せました。

 一時は「礼と麗音をよろしくお願いします」と俊子に頭を下げ、独り身になろうと決意するほど深刻に思い悩んだカンナですが、麗音からの「ママのことが0番(俊子よりも)好き」という言葉で復活。さらに、麗音との時間を大切にすべく退職することを決意したところで前回は終了となりました。

 さて、ここからが今回。意気揚々と残務処理に励むカンナに、上司の片岡美香(山口紗弥加)から救いの手が差し伸べられます。美香の異動先の新ブランドに一緒に異動できるかもしれないと言われるのです。わずかな希望を抱いたカンナは、その答えが出るまで販売部の手伝いをすることに。さらに、自分の存在意義を見いだせず、現在モデルの仕事を休業中の俊子も誘うことにします。

 その販売部でカンナは、7年前に初めてデザインしたセーターをまだ大事に着てくれているお客に遭遇。一方、俊子はお客から「憧れだった」と握手を求められるなど、どちらも店舗に立ったことで改めて仕事の大切さに気付かされたのでした。

 しかし、そんなカンナにまたしても試練が。美香が新しい部署に引き連れていけるデザイナーは1人だけということで、同僚の境川翔子(トリンドル玲奈)とコンペで競い合わなくてはならなくなってしまったのです。しかも、どちらを採用するか決めるのは美香。3人は仕事を超えてプライベートでも付き合いのある仲なだけに、辛いコンペに。しかし、カンナと翔子は手加減なしで真っ向から勝負することを誓い合います。

 その結果、翔子が勝利し、カンナの退職が決定。その一方、小さなCG制作会社を経営する礼も、メインとなるクライアント企業が倒産したため、借金5千万円を背負うことになったのですが、カンナが現在住むマンションは礼が購入したばかりなのです。仕事だけでなく住む場所も失ってしまうのではないか…。そんな危機感が迫りくる中で今回は終了となりました。

 さて、感想。前回も触れましたが、カンナの考え方がコロコロ変わるところや、その場しのぎの調子の良さに好感がもてなくなってきてしまいました。今回も店舗での販売のシーンで通常売り上げの倍を叩きだすと言いながら、まったく届かず。そもそも、販売部へ行くことになったのは、嫌味ったらしい人事部員に在庫をすべて売りつくすと啖呵を切ったからなのですが、カンナの大言壮語ぶりにはいい加減ウンザリさせられてしまいました。

 それと、コンペってやる意味あったんですかね? デザイナーとしての力量が拮抗しているならば、退職願を出したカンナではなく翔子が優先されるべきでは? しかも結局、翔子が選ばれたのはデザインの良さだけでなく、カンナよりも若くて素直な点が評価されたわけですから、時間の無駄。ドラマを盛り上げるために強引に盛り込んだようにしか思えませんでした。

 そもそもこのドラマ、毎回ストーリー先行で出たとこ勝負の展開。とりあえずトラブルを用意して、登場人物たちに行き当たりばったりなリアクションをさせ、帳尻合わせにご都合主義な展開も辞さない。カンナが有言不実行キャラになってしまった原因もそこにあるのではないでしょうか。

 次回で最終回ということですが、これまで通り結果オーライな展開になるような気がしてなりません。とはいえ視聴率は大幅に回復しましたから、数字的には有終の美を飾れるかもしれませんね。
(文=大羽鴨乃)

あなたにおすすめ