モスクワ、爆発物脅迫5万人避難

駅や大学で騒ぎ

爆発物を仕掛けたとの脅迫電話で校舎から避難したモスクワ国際関係大学の学生ら=13日、モスクワ(共同)

 【モスクワ共同】タス通信によると、ロシアの首都モスクワで13日、駅やショッピングセンター、大学などに爆発物を仕掛けたとの脅迫電話が相次ぎ、各地で計5万人以上が避難する騒ぎとなった。治安当局が30カ所以上の施設を調べているが、爆発物は見つかっていない。

 モスクワ国際関係大学でも、ロシア訪問中の公明党の山口那津男代表による講演が終了した後、大学当局者の指示で学生らが一斉に避難した。

 ロシアでは12日にも極東サハリンやウラジオストク、中部ペルミなどの警察に同様の脅迫電話があり、住民が避難し、治安当局が出動する騒ぎとなっていた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。