キングス 指揮官、仕上がりに自信

©株式会社琉球新報社

 プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは、佐々宜央ヘッドコーチ(HC)をはじめ全選手のお披露目となる、記者会見を13日、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューで開いた。佐々HCは新シーズンへ向け「一つ一つステップアップできている。開幕戦は期待してほしい。一緒に勝利を喜びたい」と話し、チームの仕上がりに自信を見せた。

 Bリーグ1部は29日に開幕する。キングスは29、30の両日、沖縄市体育館でのサンロッカーズ渋谷戦から2017-18シーズンに突入する。

 会見では選手一人一人が意気込みを述べた。右脚関節内遊離体の手術とリハビリで、関西アーリーカップに出場できなかった新加入の古川孝敏は「今は限られたことしかできないが、少しずつ順調にきている。合流した時に違和感がないようにしたい。シュートも得意なので得点に絡んでいきたい」と活躍への意欲を強調。「現状には満足していないので、昨シーズン以上にレベルアップしてチームに貢献したい」と語った。

 会見にはファンも出席しており、今季も主将を務める岸本隆一は「チームが一つになり、同じ方向で一つでも多く勝てるように戦う。今シーズンも応援お願いします」とあいさつした。

 キングスは20日にマカオで開催される「The Super8」にも出場する。中国、日本、韓国、台湾の4カ国のクラブチームで戦う。

あなたにおすすめ