台風18号、16日午後九州接近

中四国横断の恐れも

台風18号の予想進路(15日0時現在)
台風18号の予想進路(14日12時現在)
台風18号の予想進路(14日9時現在)

 非常に強い台風18号は14日、沖縄・久米島の西北西の海上を北寄りに進んだ。次第に進路を東寄りに変え、16日午後、九州に接近、その後上陸し、中四国を横断する恐れもある。

 台風の北上に伴い、九州南部付近に停滞する前線の活動が活発になり、15日は宮崎県や鹿児島県、南西諸島で非常に激しい雨の降るところがある。

 台風18号は15日午前0時現在、久米島の西北西約270キロの海上を、ゆっくりとした速さで北に進んだ。中心気圧は935ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径200キロが暴風域。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。