北、安保理決議を「テロ」と非難

「米に報復の一念」

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は13日、国連安全保障理事会による新たな北朝鮮制裁決議採択について「卑劣な国家テロ犯罪だ」と非難し、米国や追従勢力に対して軍隊や国民が「報復の一念に燃えている」とする報道官声明を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

 声明は、日米韓を非難する軍隊や人民の声を紹介。米国に対し「決議採択の主犯」と非難し「米国の地を焦土化しよう」などとの主張が出ていると指摘。日本に対しても「米国の制裁に便乗した」とし、「日本列島の四つの島を核爆弾で海に沈めるべきだ」との声が出ていると威嚇した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。