パリ五輪「100年」待ち望んだ

開催決定に拍手と歓声

エッフェル塔に近いトロカデロ広場に設置された五輪モニュメントと、喜ぶ関係者ら=13日、パリ(AP=共同)

 【パリ共同】「待ちわびた」「100年後の再会」―。国際オリンピック委員会(IOC)の創設に尽力した「近代五輪の父」クーベルタン男爵(1863~1937年)の出身地に、1924年開催以来の夏季五輪が帰ってくる。高い失業率、相次ぐテロに疲弊したパリ市民からは期待の視線が注がれた。

 開催決定の13日夜、パリは雨。ライトアップされたエッフェル塔に近いトロカデロ広場で、関係者ら約50人が五つの輪を組み合わせた高さ約5メートルの「五輪モニュメント」を除幕し、拍手と歓声が上がった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。