形よし色よし、サツマイモ丸々大きく 京都・城陽

©株式会社京都新聞社

寺田いもの試し掘りをする山崎さん(京都府城陽市寺田・あらす観光いも掘り農園)

 「寺田いも」で知られる京都府城陽市特産のサツマイモが収穫期を迎え、同市寺田の「あらす観光いも掘り農園」で13日、試し掘りが行われた。農家が丸々と太ったイモを手に「いいのができた」と太鼓判を押した。

 「寺田いも」は、木津川沿いの砂地の荒州で栽培され、クリのように甘い味が特徴という。5農家がグループを作り、約1ヘクタールを観光農園として開放している。

 試し掘りを行った山崎稔さん(74)は「丸々と育ってきた。形も色もいい」と話していた。今年は大阪など遠方からの問い合わせもあるという。

 午前9時~午後3時受け付け。期間は17日~10月31日。3株780円。申し込み、問い合わせはJA京都やましろ城陽支店0774(52)5131(平日の午前9時~午後4時半)まで。

あなたにおすすめ