MotoGP:2018年暫定カレンダー発表。タイ戦加えた全19戦、日本GPは10月21日

©株式会社サンズ

 FIM国際モーターサイクリズム連盟は9月13日、2018年のMotoGP暫定カレンダーを発表した。今季から1戦増えた全19戦が予定されている。

 2018年シーズンのMotoGPでは、新たにタイ・ブリーラムのチャン・インターナショナル・サーキットでの1戦が第15戦に組み込まれた。

 13日発表の暫定カレンダーでは、開幕戦は3月18日のカタールGP。例年同様、ナイトレースとして行われる。その後はアルゼンチン、アメリカとフライアウェイ戦が行われ、5月6日のスペインGPでヨーロッパラウンドが幕を開ける。

 8月20日に5年間の開催延長契約が発表されたツインリンクもてぎでの日本GPは、タイ戦のあとに第16戦として10月21日に開催される。日本GP後、オーストラリア、マレーシアと回るアジア3連戦の構図は変わらず。最終戦は11月18日のバレンシアGPだ。

 また、この暫定カレンダーでは第12戦イギリスGPの開催地に関してはシルバーストンの名前はなく、TBA(後日発表)としている。

■2018年MotoGP暫定カレンダー(9月13日時点)

Round Date Country Circuit

1 3月18日 カタール ロサイル・インターナショナル・サーキット (イブニングレース)

2 4月8日 アルゼンチン アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンド

3 4月22日 アメリカズ サーキット・オブ・ジ・アメリカズ

4 5月6日 スペイン ヘレス・サーキット

5 5月20日 フランス ルマン・サーキット

6 6月3日 イタリア ムジェロ・サーキット

7 6月17日 カタルニア カタルニア‐バルセロナ・サーキット

8 7月1日 オランダ TTアッセン

9 7月15日 ドイツ ザクセンリンク

10 8月5日 チェコ アウトモトドローム・ブルノ

11 8月12日 オーストリア レッドブル・リンク ‐ シュピールベルグ

12 8月26日 イギリス TBA

13 9月9日 サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニ ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンセリ

14 9月23日 アラゴン モーターランド・アラゴン

15 10月7日 タイ チャン・インターナショナル・サーキット

16 10月21日 日本 ツインリンクもてぎ

17 10月28日 オーストラリア フィリップアイランド

18 11月4日 マレーシア セパン・インターナショナル・サーキット(契約対象)

19 11月18日 バレンシア リカルド・トルモ-バレンシア

あなたにおすすめ