16日にも九州接近 台風18号

©有限会社大分合同新聞社

 非常に強い台風18号は14日、沖縄・久米島の西の東シナ海を北寄りに進んだ。宮古島や久米島(同県)などでは風速30メートルを超える猛烈な風が観測されており、気象庁は暴風やうねりを伴った高波、大雨による土砂災害への厳重な警戒を呼び掛けた。勢力を維持したまま北上し、15日には東寄りに進路を変え、16日にも九州に接近する恐れがある。予報円の中心を通った場合、大分県内は16日夕方から夜にかけて風速15メートル以上の強風域に入る見通しで、17日未明に最接近するとみられる。

 14日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄地方で30メートル(45メートル)。波の高さは9メートル。15日午前6時までに、沖縄地方で200ミリ、鹿児島県の奄美地方で150ミリ、九州南部で120ミリの雨が降る恐れがある。

 14日午前9時現在、久米島の西約230キロを時速約15キロで北北西に進んだ。中心気圧は935ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径200キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

あなたにおすすめ