若狭氏、新党の主要政策に一院制

小池知事も賛同

記者会見する若狭勝衆院議員=14日午後、国会

 小池百合子東京都知事側近の若狭勝衆院議員(無所属)は14日、国会内で記者会見し、年内結成を目指す国政新党の主要政策として、憲法改正により衆参両院を統合する一院制の実現を掲げる考えを示した。議員定数の大幅削減などにつながると強調。「新党をつくる際、一院制に反対する人はメンバーにならない」と語った。

 一院制について若狭氏は「小池知事には訴えの一つにしたいと話して、賛同していただいている」と説明。新党結成で連携する細野豪志元環境相(民進党を離党)とも協議しているとした。

 利点として議員削減のほか(1)衆参統合で事務局予算減額(2)スピーディーな国会運営を列挙。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。