九電玄海3、4号機の全審査終了

運転再開は来年1月以降

佐賀県玄海町の九州電力玄海原発3号機(右)と4号機

 原子力規制委員会は14日、九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県)の運用ルールを定めた保安規定と4号機の設備設計をまとめた工事計画をそれぞれ認可した。3号機の工事計画は認可済みで、2基の再稼働の前提となる審査は全て終了した。

 規制委は、設備が十分な機能を有しているか確認する使用前検査を実施する。地元の佐賀県は既に再稼働に同意しており、九電は3号機の運転再開を来年1月上旬に、4号機を同3月上旬に見込んでいる。

 九電は2013年7月に2基の審査を申請。規制委は今年1月、新規制基準を満たしているとする「審査書」を正式決定し、4月に佐賀県知事が再稼働に同意した。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。