原子力防災相「原点は福島事故」

第1原発を初視察

東京電力福島第1原発で原子炉建屋の状況を視察する中川原子力防災相(手前)=14日午後

 中川雅治原子力防災担当相は14日、東京電力福島第1原発を就任後初めて視察した。廃炉作業や汚染水対策の状況を確認。視察後に記者団に対し「原子力防災体制を強化する責務の原点は福島の事故だ」と強調した。「汚染水対策など課題の解決は道半ば。防災体制を充実するのに生かしたい」とも述べた。

 中川氏は1~4号機の原子炉建屋や、その周囲の地盤を凍らせる汚染水対策「凍土遮水壁」などを見て回った。廃炉作業の拠点となる新事務本館では東電社員を激励した。

 福島第1、第2原発のおおむね30キロ圏で避難計画の策定が求められる13市町村のうち5市町村は、避難計画を策定できていない。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。