WRC:ヒュンダイ、若手育成プログラムの選抜テスト実施。“神童”カリ・ロバンペッラも参加

画像

 WRC世界ラリー選手権に参戦しているヒュンダイ・モータースポーツは9月14日、将来有望な若手ラリードライバーを育成する『ヒュンダイ・モータースポーツ・ドライバー・デベロップメント・プログラム(HMDP)』のオーディションを行ったことを明らかにした。

 HMDPは、未来のWRCを担う若手ドライバーの発掘を目的としたプログラムで、招集したドライバーから最終的に1名を選抜し、2018年にWRC2クラスで走らせる新型ヒュンダイi20 R5のステアリングを託すもの。

 同プログラムには、ヨーロッパ各地から25歳以下の若手ドライバー15名が参加。まずはドイツ・アルツェナウにあるヒュンダイの拠点に招かれ、コミュニケーション能力や技術面への知識を図る面接テストに臨んだ。

 この一次試験を通過したのは8名の若手ドライバー。このなかにはWRCで活躍したハリ・ロバンペッラの息子で“神童”とも呼ばれるカリ・ロバンペッラも含まれる。

 二次試験はフランス・マザメでの3日間に及ぶ走行テスト。8名のドライバーがふだんコンビを組むコドライバーとともに新型i20 R5のステアリングを握り、滑りやすいグラベル(未舗装路)とターマック(舗装路)での走行に臨んだ。

画像
走行テストは新型ヒュンダイi20 R5を使用して行われた
画像
走行テストは新型ヒュンダイi20 R5を使用して行われた

 ここではドライビングのスキルやパフォーマンスだけでなく、マシンセッティングを変更する際のやり取りなど、エンジニアとのコミュニケーションなども審査の対象となったという。

 ヒュンダイ・モータースポーツのチームマネージャーを務めるアラン・ペナスは「3日間に及ぶテストで、8名のドライバーたちは素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた」とテストを振り返る。

画像
テストではドライビングスキルだけでなく、チームスタッフとのコミュニケーション力も評価の対象に

「我々がふだん(WRCで)行っている走行テストと同じ状況で、彼らが自分たちのスキルを発揮する姿を見る機会になった。彼らに与えることができた時間は長くはなかったが、好印象を得ることができたよ」

「どのドライバーも、2018年のWRC2クラスでチームを代表するに足る人物たちだった」

 最終的にどのドライバーがHMDPに加わるかは近日中に発表されるという。

あなたにおすすめ