五輪マスコット、98件審査通過

専門家10人がデザインチェック

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は14日、一般公募した大会マスコットの審査で玩具、漫画、ゲーム、ぬいぐるみ、アニメなど各企業の専門家10人による2日間のデザインチェックを終了し、応募要項の基本条件を満たした1753件から計98件の作品が通過したと発表した。

 今後は28日にマスコット審査会の1次審査で20点程度まで絞り、10月中旬の2次審査を経て、最終候補の3、4作品を公表。12月11日から来年1月下旬に全国の小学校で学級単位による投票を実施する。採用作品は来年2月上旬に発表予定。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。