関門トンネル内で列車停止

JR山陽線

 14日午後7時半ごろ、本州と九州を結ぶ関門トンネル内で、JR山陽線の行橋発下関行き上り普通列車(4両)がモーターの不具合で傾斜を上りきれず、停止した。乗客約160人が車内におり、約3時間後に別の列車にけん引され、その後トンネルを出た。

 JR九州によると、当時モーターの出力が足りなくなっており、原因を調べている。

 このトラブルにより上下線で運転を見合わせ、門司―下関間で計10本が運休するなど約3千人に影響が出た。午後9時ごろに下り線を使い運行再開した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。