イラク南部でテロ50人死亡

「イスラム国」犯行声明

イラク・バグダッド、ナシリヤ
イラク・バグダッド、ナシリヤ

 【カイロ共同】イラク南部ナシリヤで14日、高速道路上のレストランなどを狙ったテロがあり、現地の州政府によると市民ら50人が死亡、87人が負傷した。過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出し「何十人ものイスラム教シーア派を殺害した」と主張した。ISはシーア派を異端と決めつけ敵視している。

 イラク南部にはシーア派の聖地があり、ISなど過激派による巡礼者を狙ったテロが繰り返されてきた。イラク国内では米軍の支援を受けた軍事作戦でISの拠点がほぼ壊滅したが、残存勢力によるテロは今後も続く恐れが強い。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。