イラン企業がサイバー攻撃

米、11個人・団体に制裁

 【ワシントン共同】米財務省は14日、米国の金融機関にサイバー攻撃を仕掛けたりイランの弾道ミサイル開発に関与したりしたとして、イランの情報セキュリティー企業やウクライナの航空会社など11個人・団体を制裁対象に追加指定したと発表した。

 トランプ大統領は14日、イランの振る舞いは、イランと欧米など6カ国が2015年に結んだ核合意の精神に反していると批判し、「米国が我慢することはない」と強調した。大統領専用機中で記者団に語った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers