観光財源、日本人も徴収へ

秋に具体策、規模や使途

観光施策に充てる新規財源を検討する有識者会議であいさつする田村明比古観光庁長官=15日午後、国交省

 観光庁は15日、観光施策を充実させるための新規財源を検討する有識者会議の初会合を開催した。会合では、訪日外国人に加え、日本人からも税や納付金などの形で徴収し、使途は観光施策に限定する方向で一致した。今後、航空業界や旅行業界、自治体などから意見を聴き、今秋のうちに具体的な使途や規模も含めた結論を出す方針。観光庁は2018年度税制改正への反映も視野に入れている。

 田村明比古長官は会議の冒頭、「日本の歴史や文化を理解してもらうといった質の高い観光を進める必要がある」と指摘。20年に訪日客を4千万人に増やすとの政府目標達成に向け、財源確保の必要性を訴えた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers