EU、ギリシャ融資へ再建策点検

ユーロ圏会合、流動性評価

 【タリン共同】欧州連合(EU)は15日、エストニアの首都タリンでユーロ圏財務相会合を開き、ギリシャ金融支援問題を話し合った。次回約8億ユーロ(約1060億円)の融資に向け、ギリシャの財政再建策の取り組み状況を点検した。

 会合後に記者会見した欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は「ギリシャの銀行の流動性はずいぶん改善した」と指摘し、銀行経営に大きな問題はないとの認識を示した。

 EUと国際通貨基金(IMF)は、ギリシャで再建策の審査を開始。財務相会合のデイセルブルム議長は会見で「審査は年内に終了する計画だ」と述べた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。