トピック原発問題

経産省が核ごみ地図説明会、東京

「自治体の理解」呼び掛け

©一般社団法人共同通信社

核のごみ最終処分場候補地の絞り込みに向け、都道府県担当者らを対象とした説明会=19日午後、東京都千代田区

 経済産業省は19日、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場候補地の絞り込みに向け、都道府県の担当者を主な対象とした説明会を東京都内で開いた。最終処分場の候補地となり得る地域を塗り分けた日本地図を7月に公表して以来、初めての開催。経産省の担当者は「自治体の理解は不可欠だ。意見を寄せてほしい」と呼び掛けた。

 来月から開く市民らを対象とした意見交換会を前に、きめ細かな説明を通じて市民の理解を得る姿勢を強調した。出席者からは「意見交換会での住民の意見に興味があるが、提供してもらえるのか」などの声が上がった。

あなたにおすすめ