首相、核放棄へ圧力要請

北朝鮮「眼前の脅威」、国連演説

国連総会で一般討論演説する安倍首相=ニューヨーク(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】安倍晋三首相は20日午後(日本時間21日未明)、米ニューヨークで国連総会の一般討論演説をした。北朝鮮による6回目の核実験と日本列島越えの弾道ミサイル発射に言及し「脅威はかつてなく重大で、眼前に差し迫ったものだ」と強調。過去の対話の試みは「無に帰した」とした上で、核・ミサイル開発放棄のため「必要なのは圧力だ」と訴え、世界各国に結束を求めた。日本人拉致問題も提起し、解決への決意を表明した。

 首相は演説の大半を北朝鮮問題に割いた。

あなたにおすすめ