北朝鮮、米の警告に引かない構え

外交厳しさ、孤立化図る動き

©一般社団法人共同通信社

20日、米ニューヨークの空港に到着した北朝鮮の李容浩外相(聯合=共同)

 【ニューヨーク共同】国連総会に出席するためニューヨーク入りした北朝鮮の李容浩外相は20日、核実験やミサイル発射を続ける北朝鮮を糾弾した19日のトランプ米大統領の一般討論演説を非難し、米国の警告に一歩も引かない構えを示した。ただ国際社会では北朝鮮の孤立化を図る動きが進み、国連では厳しい外交を強いられそうだ。

 「犬が鳴き声で驚かそうとしたとすれば、ばかげた夢だ」。李氏はトランプ氏が北朝鮮の「完全破壊」に言及したことに対し「取るに足らない邪魔が入っても物事は進む」との意味のことわざを交え反発した。

あなたにおすすめ