働き方改革の推進訴えるシンポ

労使が過重労働の防止に向け

働き方改革の推進を訴えようと経団連と連合などが開いた労使シンポジウム=22日午前、東京都内

 経団連、連合などは22日午前、働き方改革の推進を訴える労使シンポジウムを東京都内で開いた。過重労働の防止に意欲的に取り組む企業の先進事例を紹介。長時間労働や非効率な残業につながるような商慣行の是正に向けて、110の経済団体がとりまとめた共同宣言の順守を目指す。

 労使から約550人が参加。冒頭で連合の神津里季生会長は「過労死や過労自殺など痛ましい事件が後を絶たない中、労使による骨太のメッセージを発信する必要がある」とあいさつ。経団連の鵜浦博夫副会長(NTT社長)は「日本企業の活力向上には多様な働き方を選択できる環境整備が欠かせない」と述べた。

あなたにおすすめ