トピック2017衆院選

自民・二階氏「新党の影響ある」

公明は連立維持強調

 自民、公明両党では25日、小池百合子東京都知事が国政新党「希望の党」を設立し自らが代表に就任すると発表したことに警戒感が広がった。自民党の二階俊博幹事長は次期衆院選に向け「影響は大いにあるだろう」と述べた。公明党は、7月の都議選で小池氏が率いた地域政党「都民ファーストの会」と選挙協力したが、衆院選では自民党と連携し、連立政権の維持を図る。

 二階氏は「見守っていくしかない」と記者団に述べ、小池新党の動向を注視する考えを示した。

 公明党の山口那津男代表は記者団に「国政と都政の振り分けが極めて難しくなる。都知事に専念してほしい」と小池氏に注文を付けた。

あなたにおすすめ