早実の清宮がプロ志望届提出

高校野球屈指の強打者

早実の清宮幸太郎内野手

 高校野球で歴代最多とされる通算111本塁打を記録した屈指の強打者、早実(東京)の清宮幸太郎内野手(18)が25日、東京都高野連にプロ野球志望届を提出した。同校が発表した。

 卒業後の進路が注目された清宮は22日の記者会見でプロ志望を表明。「野球に集中できる環境を選びたい。自分を厳しく指導してくれて、成長させてくれる球団に行きたい」と話していた。

 プロ志望届を提出することで、10月26日のプロ野球ドラフト会議で球団の指名を受けられる。清宮は複数球団から1位指名されることが確実となっている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers