海底鉱物、大量採掘に成功

20年半ば、商用化目指す

沖縄近海で、船から海中に投入される採掘機(左端)(資源エネルギー庁提供)

 経済産業省と石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は26日、海底にある鉱物資源を船で大量採掘することに世界で初めて成功したと発表した。沖縄県近海では海底から熱水と一緒に噴き出した金属が堆積してできる「海底熱水鉱床」の存在が相次いで確認されており、2020年代半ばごろの商用化を目指す。

 海底熱水鉱床には亜鉛、鉛のほか、金や銅などの資源が含まれている。今年8月中旬~9月下旬、沖縄近海に投入した採掘機で海底約1600メートルの鉱床を細かく砕き、ポンプで海水とともに船に吸い上げる方式で試験を実施して成功した。

あなたにおすすめ