イスラム過激派司令官の遺体確認

ロシア南部山岳地帯に埋葬

 【モスクワ共同】ロシア連邦保安局(FSB)は27日、ロシア南部北カフカス地方で多数のテロに関与したイスラム過激派、ドク・ウマロフ司令官の遺体が南部イングーシ共和国の山岳地帯で埋葬されていたのを発見したと発表した。タス通信などが報じた。

 FSBによると、13年9月の特殊作戦で司令官を殺害。インタファクス通信によると、司令官の遺体が見つかったのは最近で、遺体鑑定で高濃度の毒物が検出されたという。

 ロシア南部チェチェン共和国出身のウマロフ司令官は、1990年代のチェチェン紛争時から対ロシアの戦闘を続けていた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

NewsPicks

NewsPicks

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。