柏のご当地アニメが 柏の葉キャンパス駅でも放送開始!

©株式会社千葉日報社

柏駅・柏市街地で放送中の柏のご当地ゆるアニメ「超普通都市カシワ伝説」が、9月13日(水)より柏の葉キャンパス駅で放送開始しました。(ちばとぴ!=柏のテガちゃんネル)

超普通都市カシワ伝説は、柏の地域活性化を目的としたアニメで、柏に縁のあるプロのクリエイターとプロを目指す夢を持った若者、市民で構成される「できる街プロジェクト」が中心となって制作しています。

今回は柏の葉キャンパス駅周辺地域で行われる「街まるごとオープンキャンパス」をテーマにしたアニメを放送。放送期間は9月13日~11月30日の約3ヶ月間の予定。

◆クラウドファンディングから生まれ、柏の街づくりとして、評価される

2015年10月、クラウドファンディングによって制作を開始した本作品は、現在柏のお店・イベントの協力を得て、現在アニメを12本発表しています。その結果と将来的な柏への影響を、柏の街づくりを担う「柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)」「一般社団法人柏アーバンデザインセンター(UDC2)」に評価され、柏の葉キャンパス駅・柏駅・柏市市街地で放送しております。

◆この作品の目指すものは「聖地巡礼」

この作品が目指すものは「聖地巡礼」。このアニメを見た多くの人が柏を訪れることを目的としています。これまでのご当地アニメと違い、アニメの背景に実際の柏の風景を用いることで、イメージしやすいPRを行います。

これまでのご当地アニメは「アニメ」→「舞台(地域)」→「聖地巡礼」→「地域活性化」という図式の『実在する地域を舞台としたアニメ』ですが、本作品は、逆転の発想で、「舞台(地域)」→「アニメ」→「聖地巡礼」→「地域活性化」という『聖地巡礼を目的としたご当地アニメ』になっています。

◆市民の身近な存在となり、将来的には新しい地域活性化の形を目指す

まずは、柏市民に身近な作品となるため、柏市・柏市市街地大型スクリーンで放送を開始。柏市民に身近な存在となり、TVアニメ全国放送・映画公開を目指します。

◇アニメ放送情報

<放送時間> ※15分に1回放送 2017年11月30日まで ・柏の葉キャンパスメディア 午前5時~翌午前1時 協力:柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)

<放送時間> ※30分に1回放送 2018年3月31日まで ・柏駅東口サイネージ配信時間 06:00~24:00 ・柏駅南口サイネージ配信時間 17:00~23:00 ・柏二番街サイネージ配信時間 09:00~21:00 担当:株式会社星広告 協力:一般社団法人柏アーバンデザインセンター(UDC2)

◇超普通都市カシワ伝説

柏に縁のある市民が制作している、柏の地域活性化を目指している柏のご当地ゆるアニメ。実在する柏の街を舞台に柏の中学校に通う女子中学生4名と不思議な生き物たちが、柏の街やイベントに関わる内容で、柏の魅力をゆるく発信するシュールギャグアニメです。

2015年10月にクラウドファンディングを開始し、現在11本のアニメを放送。放送はYouTube「超普通チャンネル」などのインターネット動画配信を利用しています。

◇主な制作スタッフ

・渡野辺マント バンド「上々颱風」、映画「平成狸合戦ぽんぽこ」音楽監督。南柏ミュージックスクール「WORLD BEATS」学長。

・中道裕大 小学館 週刊少年サンデー、ゲッサンにて連載。現在は、ゲッサン「放課後さいころ倶楽部」連載中。柏市在住。

・村井真也 第26回フジテレビヤングシナリオ大賞佳作受賞。千葉のシニア劇団PPK48の脚本を担当。柏市在住。

・声優 約50名のオーディションから選ばれた柏に縁のある女子5人。プロの声優を目指し、活動中。

◇できる街プロジェクト

「他人と協力した自己実現」を目的とした第3の場所(サードプレイス)の企画団体。コンセプトは「人が増えれば、出来ることも増える」という単純なものの仕組化。企画ごとに団体を分けており、好きな時に自由に行き来ができる仕組みになっています。

現在は、柏市を中心に「ご当地アニメ」「小演劇部」「美化団体」3つの団体が活動中。現在3つの団体を合計すると86名が所属。学生から60代の大人まで様々な人が集まり、各々の第3の場所を作っています。

この団体の目指すものは「やりたいことの実現」。『ひとりでは難しいことも、みんなでやれば出来る』という ことを具現化し、この企画を知った誰かが「別のやりたいこと」を実現して、柏にもっと人が集まり、柏を盛り上げる。新しい地域活性化の形を目指す団体です。

あなたにおすすめ