暗黒物質、ガス嵐をせき止め

超巨大ブラックホールに

暗黒物質にガス嵐がせき止められて星に成長する様子(中心の明るい部分)。嵐は左から右に流れている(東京大などの研究チーム提供)

 初期の宇宙では、水素やヘリウムが含まれるガス嵐が「暗黒物質」にせき止められることによって星が急激に成長し、最終的に太陽の数十億倍にもなる超巨大ブラックホールになったとの研究結果を東京大などのチームが29日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。

 超巨大ブラックホールは誕生間もない時期の宇宙で見つかっているが、なぜ短期間で巨大化したのか不明だった。チームは「初期宇宙の解明につながる」としている。

 チームは、ビッグバンによってできる高速のガス嵐に着目。嵐からどのように星が成長し、ブラックホールになるのかをスーパーコンピューターで分析した。

あなたにおすすめ