首相「新党は野合」と批判

自民、選挙準備を加速

 自民党は党本部で30日に開いた全国幹事長会議を受け、10月10日公示の衆院選に向け、準備を加速させた。安倍晋三首相(党総裁)は会議後の懇親会で、小池百合子東京都知事が率いる「希望の党」を軸とした野党再編の動きを「単なる野合だ」と批判した。

 首相は「自民党も下野して苦しい時代があったが、アベノミクスを考えて戦った。政策で戦うべきだ」と述べ、希望の党と事実上の合流を決めた民進党に疑問を呈した。

 懇親会後、出席者は「地方も野党再編の動きを不安に感じている。実績と政策を訴えていくしかない」と述べた。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む