トピック2017衆院選

解散は「独断と専横」と北朝鮮

「半島情勢を口実に」と反発

北朝鮮大使館の鉄条網越しにのぞく北朝鮮の国旗=3月、クアラルンプール(AP=共同)

 【ソウル共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は、安倍晋三首相が衆院を解散したことは「独断と専横」だと非難する30日付の論評をウェブサイトに掲載した。安倍政権が「朝鮮半島情勢を口実に『安全保障問題』の重要性と平和憲法修正の必要性を説き、民心を取り戻そうと狂奔した」などと主張している。

 ラヂオプレス(RP)が30日報じた。北朝鮮が今回の日本の解散・総選挙に反応したのは初めてとみられる。

 論評では安倍氏が解散の理由に、消費税の使途や北朝鮮対応を挙げたことを「荒唐無稽な詭弁」と非難した。

あなたにおすすめ